メニュー

コース概要 - 関東学院大学 理工学部 電気・電子コースのホームページです

お問い合わせフォーム

コース概要COURSE OUTLINE

教育理念

電気・電子コースでは、大学院における教育と合わせて、
先端技術の研究・開発に必要な知識を学ぶことができる科目を配置し、
次世代を担う若き技術者・研究者の育成を行っています。

目的

超スマート社会の実現に必要な基盤技術である電気・電子・情報・通信技術は日々進歩し続け、私たちの生活スタイルに変革を起こします。

コースの特色

電気・電子コースでは、わたしたちの生活を支える電気・電子・情報・通信技術に関することを
以下の4つの分野に分けて系統的に学びます。

denki 02

エネルギーシステム分野

電力発生工学、送配電工学、パワーエレクトロニクス、高電圧工学、電動力応用、電気機器等、電気エネルギー関連技術に関することを学びます。「電気主任技術者」などの資格取得をスタッフ全員で支援します。

nano 02

ナノ電子デバイス分野

電子デバイスの材料となる物質の性質、コンピュータやネットワーク・通信機器などの電子機器に組み込まれる電子素子の動作原理、コンピュータの頭脳であるCPUの製造に必要な超高密度配線技術などについて学びます。

smartphone 02

ITシステム分野

ロボット制御、人工知能、コンピュータのプログラミング、情報通信ネットワーク、計算機システムの構成など、ITシステム技術に関する科目を学びます。1年次から情報技術全般に関する基礎的な知識を学び、「基本情報技術者試験」の合格をスタッフ全員で支援します。

IoT 02

通信システム分野

電波や光ファイバの基礎,通信システムのハードウェア構成、無線通信システムが守らなければいけない法規などについて学びます。本コースの科目を学ぶことにより、「第1級陸上無線特殊無線技師」などの国家資格を取得できます。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

電気・電子コースでは、電気工学、電子工学に関する興味を持ち、その高度な専門知識を修得しようとする
学修意欲のある人材、コミュニケーション能力としての語学力並びに豊かな教養を修得しようとする意欲のある人材を求めます。
入学試験では、数学、物理、英語に対して十分な基礎学力を有していることを重視します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

教育課程の編成方針として、電気・電子コースでは、系統的な専門的基礎知識の修得と、その総合による論理的思考力、応用力、問題解決能力の涵養に重点を置きます。

  • 電気電子工学に関する基礎教育、および専門教育を行い、電気・電子コースが定める教育目標を実現するための専門教育課程を編成し、高度な専門知識を修得するための基礎教育、および豊かな人間性を持つ倫理観の形成を促す教育を実践します。
  • 基礎から応用までの幅広い知識を身につけた電気電子工学の専門家を育成するために、電気電子専門科目を学習するための基礎科目(支援科目)、電気電子現象を体感するための実験科目、電気電子現象を探求するための理論科目(コア科目)、電気電子工学の各専門分野の知識を修得するための自由科目(発展科目)を意識して、各専門科目を学年ごとに適切に配置します。
  • 電気電子工学に関する基礎原理と応用を体系的に学べる教育プログラムを構成し、実戦力を身につけるために、演習、実験、実習の時間を設け、さらに、幅広く学修することができるよう、学部・学科、専門コース間の枠を超えて、他学部、他学科、他コースの専門科目を履修できる体制を整えます。
  • 教育方法に関しては、講義内容をより深く理解させるために、演習、実験・実習を実施し、学生の専門領域に対する興味を喚起すると同時に、幅広い専門知識を修得させるために、自らが考え、自主的な学修を通じて、問題の提起、分析、解決能力の養成を促すことを目標とします。
  • 成績評価に関しては、学生の専門知識および技術の適用能力を、一定の判定基準に基づき判定します。
  • 学生の将来像の構築に支援するために、教育カリキュラムにおいて、キャリア形成パスを明確に示します。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

理工学部理工学科電気・電子コースに所定の期間在学し、その教育理念、及び、電気・電子コースが定める教育目標に沿って編成された教育科目を履修して、所定の単位数を修得した学生に対して、卒業を認定し、学士(理工学)の学位を授与します。